Loading...

screen_rotation
Display in portrait

menuclear

パナメディカル株式会社 様

導入製品V-ONEクラウド

自動消込率95%を達成!効率化により捻出された時間を別業務で活用できた副次的な効果も

syugo2.jpg

パナメディカル様は1994年1月に眼科領域専門の総合商社を目指して発足後、コンタクトレンズおよび関連用品、眼科用医療器械全般、医薬品(眼科向ジェネリック医薬品を主体)を医療施設、眼鏡店、コンタクトレンズ販売店様へ提供していらっしゃいます。

また規模の大きいメーカーでは対応がなかなか難しい経営相談・スタッフの教育・人材情報の提供なども行っており、眼科に特化した医療用機器の総合卸として全機能型経営を展開し、総合的商品の供給力と長い業界経験に裏打ちされた人的資源の強さを核として組織の骨格を固め、着々とその存在感を高めてまいりました。

同社では、これからも眼科医療機器の分野で市場全体の流れを第三者的立場から常に公平に分析・判断し、出来るだけ的確な製品と情報を提供する専門商社を目指していらっしゃるそうです。

さて今回は、V-ONEクラウドを導入し、どのように業務に変化があったのかについて、財務管理部 次長の古河さん、同じく財務管理部の田中さんと黒﨑さんにお話しを伺いました。

毎月1,000件の入金データを2名で照合
作業負荷を軽減するため、システム導入を検討

pana_furukawa.jpg

(パナメディカル株式会社 財務管理部 次長 古河さん)

V-ONEクラウドの導入前は、どのように消込業務をされていましたか?

古河さん:当時は毎月1,000件程度の入金情報を日々紙で出力し、
オフコンシステムから出力した請求情報と一件ずつ目視で突き合わせていました。

手作業で月に1,000件は結構なボリュームですね...
何名で作業されていたのですか?

古河さん:当時から私と黒﨑の2名が担当していました。
黒﨑さん:当社は月初1営業日で得意先様に請求書を送付している関係上、それまでに入金処理を完了させなければならず、
月末はつきっきりで入金処理をしていました。

pana_kurosaki.jpg

(パナメディカル株式会社 財務管理部 黒﨑さん)

そんな状況の中、システムの導入を検討することになったきっかけを教えてください

田中さん:私は二年ほど前に入社し、会計周りの相談を受けるアドバイザーをしていますが、はたから見ていても消込業務に苦労しているなという印象を持っていました。
消込作業の負荷が特に大きく、担当者が休んでしまうと業務に支障が出るため、何とかしなければという思いからシステムの導入を検討し始めました。

pana_tanaka.jpg

(パナメディカル株式会社 財務管理部 田中さん)

V-ONEクラウド以外に、どのようなシステムや手段を検討されましたか?

田中さん:まずは、銀行サービスである仮想口座(バーチャル口座)の導入を検討しました。しかし、当社の業務にフィットしない部分も多く、この方法は断念しました。
また、仮想口座を使わない金融機関系の消込サービスの提案も受けましたが、当社にはオーバースペック気味でコストも合わなかったことから、こちらも断念しました。
その後、インターネットで検索をし、V-ONEクラウドというシステムがあることを知りました。

V-ONEクラウドの提案を受けた印象はいかがでしたか?

田中さん:機能面に関して言えば、経理が本当に必要とする機能が網羅されているな、という印象をうけました。
コストも問題ありませんでしたね。

導入の際、大変なことはありましたか?

黒﨑さん:当社システムとのデータ連携部分にはとても気を遣いました。当社の場合はV-ONEクラウドから2つのシステムへ結果を返さなければなりませんので尚更ですが、カスタマーサクセス担当の方が当社の仕組みをよく理解して分かりやすい資料を作ってくれるなど、丁寧にサポートしていただきました。分からないことがあればすぐ質問できる環境があったことは、とても心強かったです。

自動消込率は95%!
肩こりや頭痛も解消?

pana_kurosaki2.jpg

ありがとうございます。では、ここからは導入後のお話をお聞かせ下さい。
本稼働から数か月経ちますが、どのような効果を感じていらっしゃいますか?

黒﨑さん:それまでが目視の作業でしたので、劇的な効果を感じています。
当時は、約1,000件の入金に対してひたすら得意先コードと金額を打ち込んでいくような作業でしたが、そこは丸々V-ONEクラウドが自動でやってくれます。
手数料や口座名義の学習機能の精度も良く、確認が必要なのは本当に不明な入金だけになりました。

古河さん:N対Nの照合ができることも効率化に寄与していると思います。学習機能も活用して、全体の約95%は自動で消込ができており、大幅な工数の削減を実感しております。

pana_furukawa2.jpg

95%は相当高い消込率ですね!過去の導入実績から考えても高いほうだと思います!

古河さん::効率化により捻出できた時間は、これまで後回しにせざるを得なかった別の作業に回せるようになったので、副次的な効果も出ていますね。

黒﨑さん:おかげさまで神経を使う作業が大幅に減ったので、肩こりや頭痛もなくなりました(笑)

嬉しいお言葉ありがとうございます!これからもパナメディカルさんのような好例をどんどんつくっていければと思います。
お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました!

pana_syugo2.jpg

(本社 エントランスにて)

ClientProfile

  • 会社名

    パナメディカル株式会社

  • 住所

    東京都港区芝1-5-11 芝エルズビル

  • 設立

    1994年1月14日

  • 資本金

    6,400万円

  • 従業員数

    51名(含常勤役員)

  • 事業概要

    コンタクトレンズ、眼内レンズ等の医療用具及び医薬品の卸販売

  • URL

    https://panamd.co.jp/

※特記のない限り上記情報は2019年7月末時点のものとなります。

入金消込・債権管理の自動化のケーススタディ

Victory-ONEは入金消込/債権管理にまつわるあらゆる課題に対応可能。これまでどのような課題を解決してきたのか、ケーススタディとしてご紹介します。

ケーススタディを見る